【美ctionary】キレイの百科事典ビクショナリー

タグ一覧

CLOSE

カテゴリ:美コラム

女性ホルモンをアップさせる生活習慣

女性の身体や肌に大きく影響する「女性ホルモン」のバランスを整えて、若々しさを保ちましょう!女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの2種類。いずれも、食品によって働きをサポートすることができます。両方の女性ホルモンを整えるには、大豆食品が多く栄養バランスのよい「和食」中心の食事がおススメ。白米をたまに玄米に変えるなどすれば、ビタミンEも補えてより効果的です。

大豆イソフラボンで若々しいお肌&髪に!

5column1

きれいな肌や若々しさにアプローチするエストロゲンを補うには、体内で似た働きをする「大豆イソフラボン」がおススメ。大豆をはじめ、豆腐や納豆など大豆加工食品にも含まれています。

和食中心の生活で女性ホルモン量アップ!

5column2

プロゲステロンはエストロゲンと対になって働くホルモンで、「ビタミンE」によって分泌が促されます。ビタミンEは、玄米、カボチャ、春菊などに多い栄養です。

※大豆イソフラボン、ビタミンEには、いずれも摂取量に上限があります。下記の基準値を守って、バランスよく摂取しましょう。
摂取量の目安(1日)
大豆イソフラボン…日常の食事に加え、サプリなどで上乗せ摂取する場合は、上限30mg。ビタミンE…摂取目安6.5mg、上限800mg(成人女子)

睡眠前のアロマでホルモンバランスを整えて。

5column3

女性ホルモンは、夜、睡眠中に分泌されますが、ストレスを感じたままだと分泌が抑制されます。つまり、眠る前のストレス解消が女性ホルモン量アップの鍵。ストレッチなどの軽い運動やアロマの香りで、ストレス解消をした後、午後10時を目安に早めの就寝をしましょう。アロマ精油の中でも、「ゼラニウム」や「クラリセージ」には、女性ホルモンを整える作用があるといわれ、おススメです。

  • チェック

関連記事

キーワードから記事を探す