【美ctionary】キレイの百科事典ビクショナリー

タグ一覧

CLOSE

カテゴリ:美コラム

「-3kg」に見える美姿勢のコツ

忘年会やお正月などに、つい食べ過ぎて、体重が気になる…。そんな今こそ、美しい姿勢に着目を!姿勢を正すだけで美しく見えるうえに、深層筋が鍛えられて身軽になれる、そんな「美姿勢」を保つコツをご紹介します。

姿勢を正すとやせて見える!実際にやせていく!

9column1

猫背やおなかを突き出したような悪い姿勢では、もともとやせていたとしても美しく見えません。姿勢を正すと身体のバランスがよく見えるので、若々しくやせて見えるのです。背骨近くの深層筋(インナーマッスル)は、正しい姿勢を支える土台のような役割を果たしているため、この深層筋が衰えると、姿勢がくずれる原因に。姿勢が悪いと身体がゆがみ、ゆがんだ部分に不要な脂肪がつくので注意が必要です。正しい姿勢を続けると、おなかや背中の深層筋が鍛えられ、脂肪がつきにくい身体に変わっていきます。

普段から正しい立ち方、歩き方に気をつけて!

9column2

立つときには胸を張り、肩の力を抜いて両手を自然に下ろし、腹筋や背筋に力を入れるようにしましょう。また、歩くときは、胸を張って腰を伸ばし、一直線上を歩くように意識しながら大きな歩幅で早足で歩きましょう。足のつけ根から大きく踏み出すと、ひざがよく伸びるので、歩くたびに足腰の深層筋を働かせることができます。

デスクワークでは、座り方に注意が必要。

9column3

普段、パソコン作業などのデスクワークで前かがみに体を丸め、猫背で座っている時間が長い人が多いのでは!? その姿勢が続くと骨盤が後ろに引っ張られて腰が丸くなり、おなかをたるませる原因になります。イスに座るときは、なるべく深く腰掛け、頭のてっぺんを天井からつるされたように意識して、背すじをまっすぐ伸ばし、おなかをぐっと反対側に凹ますくらい、意識して座りましょう。

  • チェック

関連記事

キーワードから記事を探す