【美ctionary】キレイの百科事典ビクショナリー

タグ一覧

CLOSE

カテゴリ:美コラム

「逆りんぱ」で簡単!大人ヘアアレンジ

「逆りんぱ」で簡単!大人ヘアアレンジ

大流行したヘアアレンジ「くるりんぱ」の逆バージョン「逆りんぱ」をご存じですか?
簡単、手軽にこなれた大人の雰囲気が出せると今話題のアレンジなんです。
そんな「逆りんぱ」の基本スタイルと、気分やシーンに合わせて印象を変えたいときにおすすめのアレンジ方法を紹介します。

「逆りんぱ」基本の作り方

まず、髪を後ろで束ねて、頭から少し離してゴムで結びます。次に束ねた髪の根元にすき間を作り、毛束を通します。
そのとき、束ねた髪の毛先を上から下へと通すのがいわゆる「くるりんぱ」ですが、「逆りんぱ」はまさにその逆で、下から上へと通します。最後に毛先を2つにわけて左右に引っ張り、ゴムの結び目をしっかり固定すればおしまい。
簡単なヘアアレンジなのに、ゴムで束ねただけよりもボリュームが出て華やかな印象に。「くるりんぱ」に飽きちゃった、ほかの人と髪型がかぶってしまうのがイヤ、という女性に人気のヘアアレンジです。
ポニーテールで「逆りんぱ」した際、下から上へ通した毛先を巻いたり、逆毛を立ててボリュームを出したりなどのアレンジをプラスすれば、ヘアアレンジ上級者っぽく見えるのでおすすめ。毛先を織り込むようにしてピンで止めて仕上げる「ギブソンタック」(低めの位置で髪の毛をまとめたアップヘアアレンジのこと)もできるので、手先が器用な人は試してみて。

「逆りんぱ」のアレンジ方法 ハーフアップ

チャレンジしやすく、オフィスシーンにぴったりなヘアアレンジが「逆りんぱ」で作るハーフアップ。両サイドの髪を束ねてゴムで止め、下から上へ通すだけで手軽です。毛先をゆるく巻いて、ゴムで結んだ部分に大きめのバレッタを止めれば、ヘアスタイルを固定すると同時に華やかな印象に。オフィスシーンだけでなく、お呼ばれの日や合コンなどでも印象アップです。
「逆りんぱ」の毛先と残りの髪をくるっと止めて「シニヨン」にしてからバレッタで止めれば、上品なアレンジに仕上がるので、彼ママと会う日やパーティーシーンにおすすめです。

「逆りんぱ」のアレンジ方法 三つ編み

「逆りんぱ」のハーフアップをさらに華やかに仕上げるのが三つ編みアレンジです。
まず「逆りんぱ」のハーフアップを作ります。その際、少し「おくれ毛」を残しておくのがコツです。逆りんぱをした毛先を三つ編みにします。左右のおくれ毛はねじって中央で止めます。残っている髪は左右に分け、それも三つ編みに。合計3本の三つ編みができたら1つの束にまとめ、後ろで毛先を巻きこむようにして止めればできあがり!
ゴージャスなパーティスタイルにぴったりのヘアスタイルに仕上がりますよ。
「そこまで手の込んだアレンジでなくても、ひとひねりをプラスしたい」という場合は、「逆りんぱ」でハーフアップにした毛先を三つ編みにし、後ろで一束にまとめると、ハートマークのようなキュートなアレンジが完成! ガーリーなファッションにぴったりのヘアアレンジが簡単にできるので、時間に余裕がある日に挑戦してみてはいかがですか?

不器用さんでも手軽にトライ!

髪質や髪のボリュームにかかわらず、ある程度の長さがあれば手軽にチャレンジできるのが「逆りんぱ」が人気の理由。こなれた印象に仕上げるなら、少しおくれ毛を残したり、毛先をあらかじめゆるく巻いておけばOK。空気を含んでふんわりとしたヘアスタイルが完成します。
ゴムで結んで下から上へと毛束を通すだけ、という簡単ステップなので、不器用さんでも手軽にできるのもポイント。「いつもはピシッとハーフアップにしていたけれど、何だかあか抜けない」「都会的で、しかも女性らしく抜け感のあるヘアアレンジに仕上げたい」という人は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

  • チェック

関連記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す