【美ctionary】キレイの百科事典ビクショナリー

タグ一覧

CLOSE

  • HOME
  • 美コラム
  • 若いからといって油断は大敵!スカルプケア商品は何歳から使うべき?
カテゴリ:美コラム

若いからといって油断は大敵!スカルプケア商品は何歳から使うべき?

20160713_main2

スカルプケアは、年齢が高い人だけがするものだと思っていませんか?髪のボリュームなど髪質の変化を感じ始めたら、まずは髪と頭皮の健康を考えてみましょう。年齢に関係なく、スカルプケア商品を上手に使うと髪と頭皮の健康を保つことができます。

ただし、それらにもいくつかの種類があります。効果的に使うにはその特徴と、使い方がポイント。今回はいくつかのスカルプケア商品についてご紹介します。

若いのにボリュームダウンするのはなぜ?

若い女性の場合、最も大きな原因はストレスと生活の乱れだといわれています。ストレスや栄養不足によって頭皮環境が悪化すると、毛根に負担がかってしまい健康で太さのある髪がつくられにくくなるため、髪が細くなってしまうのです。その他にも、紫外線によって頭皮がダメージを受けると、抜け毛や細い毛が生える原因になります。

どれを使ったらいいの? スカルプケアの種類と効果

スカルプケア商品にはいくつかの種類があり、いったいどれを使ったらいいの……? と感じる人も多いのでは?

男性用や女性用のほか、医薬品や医薬部外品、化粧品などがあり、成分や効果によって表示が違ってきます。例えば、いわゆる「育毛剤」と呼ばれるものは医薬品・医薬部外品のことを指します。
まずは代表的な表示の種類をご紹介しましょう。

医薬品
医薬品と表示されているものは、薬としても認可されたもので効果も認められています。ただし、使用するためには医師の処方が必要です。

医薬部外品
医薬部外品と表示されているものは、医薬品ほどの確実な治療効果はないものの、効能を記載することは認められたものを指します。

化粧品
化粧品と表示されているものは、薬としての認可がされていないため効能を記載できず、効果に科学的な保証のないものも含まれます。化粧品と記載のあるものは「育毛剤」ではありませんが、マッサージ効果が高まることによる育毛の効果が期待できます。

目的別にもさまざまな種類があります。自分の頭皮や髪の状態にあった商品を使いましょう。

頭皮の保湿が主な目的の場合
化粧品と表示されている女性向けの商品は、頭皮環境を整えるためのもの。髪をつくる毛母細胞や毛乳頭に保湿成分などを与えるのが目的です。育毛剤に抵抗のある人は、このような商品から使ってみるのがおすすめです。頭皮は顔同様に、常に清潔で潤いのある状態を維持することが大切。カサつきなどを感じた際の一時的なケアではなく、スキンケアのように普段から毎日のケアとして取り入れることが理想の美髪を育む秘訣です。

髪質の変化を感じ始めた場合
年齢を重ね、抜け毛や髪のボリュームダウンなどを感じ始めたら、医薬部外品の育毛剤がおすすめです。女性用の育毛剤は、保湿はもちろん育毛効果も期待でき、やさしい使用感や香りにもこだわった商品が多いので気軽に始めてみましょう。

育毛剤、使い始めるタイミングは?

具体的に次のような症状が現れたら、育毛剤を使うタイミング。そして根気強く、続けることで効果が現れてくるもの。頑張って続けてみましょう。

1.頭頂部がペタンとなって、スタイリングがしにくくなった
頭頂部だけでなく、髪の1本1本の立ち上がりはスタイリングに大きく影響します。頭皮に育毛剤で栄養を与えて、頭全体をゆっくりとしっかりマッサージしましょう。

2.シャンプーの時以外にも抜け毛が多くなった
シャンプー時は誰でも髪は抜けるもの。日常的に抜け毛が多いと感じたら、育毛剤を始める時です。シャンプー後の頭皮がきれいな状態で、たっぷりとつけてマッサージしましょう。

育毛剤の基本的な使い方 どうするのが効果的?

育毛剤は商品によって使い方が異なります。そのため、説明書をよく読んでその商品が推奨する使用方法と使用量をきちんと守ることが効果的です。ただ基本的なことを言うならば、使用時は頭皮を清潔な状態にしておくこと。またマッサージも併用することで血行促進にもつながり、成分が頭皮に行き届きやすくなります。正しい使い方でまずは3ヵ月続けてみましょう。

頭皮の健康を維持するのに大切なのは現状を知ることから。ボリュームダウンが気になる人も、まだ大丈夫と思っている人も、将来に備えて正しくスカルプケアを使ってケアしていきましょうね。

  • チェック

関連記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す