【美ctionary】キレイの百科事典ビクショナリー

タグ一覧

CLOSE

  • HOME
  • 美コラム
  • 毎日の積み重ねで、不安定肌にもう負けない!
カテゴリ:美コラム

毎日の積み重ねで、不安定肌にもう負けない!

2017_0510_huantei

春から初夏にかけて「なんとなく肌の調子が悪い…」と感じることはありませんか?
ホコリっぽい空気、飛び交う花粉、寒暖差、そして増えてくる紫外線など、肌を取り巻く環境が意外と厳しい季節。さらに新生活の疲れやストレスなどがたまってくると、普段は健康な肌の人でも、一時的に不安定になってしまうこともあるんです。
例えば、顔の場合は「いつものスキンケアなのにヒリヒリする」「メークのりが悪い」。
身体の場合は、「全身がカサつく、かゆい、ピリピリする」「ひじやひざに粉がふく」などです。
これらに当てはまった人は不安定肌のサインかも。今年こそなんとかしたいという人は、以下のことに気をつけてみてください。

【顔 編】汚れをしっかり落として、うるおいはキープ

①クレンジング

肌が不安定な時は、植物性100%など肌へのやさしさにこだわったクレンジングを選びましょう。また、使用量が少ないと肌と手が摩擦を起こして刺激になってしまうので、いつもの1.5倍くらいの量を使ってみて。
もちろん、ゴシゴシこすらず、やさしいタッチが基本です。

②洗顔

洗顔料も肌へのやさしさにこだわったもの、天然成分のものなどを選びましょう。汚れをしっかり落としながら、うるおいを与えてくれるタイプもおすすめです。

洗う時は指が肌に触れないくらいのたっぷりの泡で。目安はりんご大くらいです。泡立てが苦手な人は、無理せずに泡立てネットに頼るのが正解!
すすぎは、35〜36度のぬるま湯で丁寧に。熱いお湯は皮脂を奪いすぎてしまうので気をつけましょう。

【身体 編】やさしく洗った後は、必ず保湿ケアを

①洗い方

ボディソープももちろんやさしさ重視。天然成分などにこだわったタイプを選びましょう。肌が不安定な時は、ナイロンタオルやスポンジでは刺激が強すぎることもあります。ボディソープをたっぷり泡立てた後、手でからだをやさしくなでるように洗いましょう。

②保湿

お風呂からあがった後は、ボディミルクなどで必ず保湿ケアを。好きな香りのものを選ぶと、使うのが楽しくなってケアが続けやすくなります。また、塗るときには軽くマッサージをすると血行促進効果があります。
血行はすべてのキレイの素!ぜひ毎日のケアに取り入れて。カサつきがちな、ひじやひざは特に念入りに。

どれも小さなことですが、全部実践できている人は意外と少ないのでは?
不安定肌のケアに王道はありません。小さなケアのコツを積み重ねることで、少しでも早く不安定肌とさよならしましょう!

 

  • チェック

関連記事

キーワードから記事を探す