【美ctionary】キレイの百科事典ビクショナリー

タグ一覧

CLOSE

カテゴリ:美髪レッスン

ノンシリコン系シャンプーとは

今ではすっかり人気が定着したノンシリコン系シャンプー。ご存知のとおり「シリコンが毛穴を詰まらせ、頭皮や髪に悪影響を与える」という理論から、シリコンを配合せずに作られたシャンプーです。この考え方は新鮮だったために一気に広がりましたが、人気も落ち着いてきた今、「シリコンって本当に悪者なの?」という冷静な声も出てきました。

シリコンはそもそも、良くも悪くも人体に全く作用しないのが特長。そのため手術の充填剤として医療の現場や、消泡剤として食品などにも使われています。ヘアケア製品では、指通りをなめらかにして摩擦を防ぎ、ツヤを与える成分として配合されてきました。またシリコンは編目状の分子構造のため、気体や湿気を通しやすく、髪や頭皮を密閉してしまうイメージは、実は間違いだったりもするのです。

ノンシリコン系シャンプーは、ハリやコシ、ボリュームを感じられる仕上がりが欲しい人にはぴったりのタイプ。その反面、なめらかさや指通りには課題も多く、ダメージヘアの人が使うと摩擦でさらにダメージをよんでしまう可能性も…。ただし、ノンシリコン系でも、髪と頭皮にやさしいアミノ酸系洗浄成分がたっぷり入っているシャンプーもあるので、内容成分をしっかりチェックして使うようにしましょう。

 

プチCOLUMN指通り解決のためにうまれたオイル系シャンプー

“シャンプーはノンシリコンだけれど、トリートメントはシリコン入り”という組み合わせをする人もいるように、ノンシリコン系のシャンプーは指通りが良くない点が課題。これを解決するために誕生したのがオイル系シャンプーです。オイルを多く配合することでなめらかさをアップしていますが、反面、ベタつきが気になる場合も…。しかも実は、オイルよりシリコンを配合する方が“皮膜感がない”“ベタつかずサラサラ”“通気性が良い”といったメリットがあるのも事実です。

  • チェック

関連記事

美髪レッスン

美髪の基本 ダメージケア

キーワードから記事を探す