【美ctionary】キレイの百科事典ビクショナリー

タグ一覧

CLOSE

カテゴリ:美レシピ

焼き穴子の天津麺

paella

栄養豊富なスタミナ麺で暑さに負けない体づくり! 夏バテ防止の栄養補給メニュー

真穴子は、一年中手に入りますが、夏に多く出回り、旬は梅雨入りから夏にかけてです。産地としては広島県の「宮島」が有名です。脂肪分がうなぎの約半分なので淡白な味わいですが、うまみはたっぷり。しかも、栄養も豊富です。最近、スーパーなどで売られているのは、開いたものがほとんど。身が厚くて透明感があり、皮目に白い斑点が出ているものを選びましょう。今回は、調理しやすい焼き穴子を使用しています。

今回のおすすめ食材 穴子

anago_11recipe

穴子は、たんぱく質のほか、ビタミンAやビタミンB2、カルシウム、不飽和脂肪酸(EPAやDHAなど)を豊富に含んでいます。ビタミンAは、疲れた目をサポートする働きをしたり、皮膚や消化器官などの粘膜の形成に役立ちます。不飽和脂肪酸は、中性脂肪の吸収を抑えてコレステロール値を下げ、動脈硬化や脳血栓を防ぐ働きをします。

材料(2人分)1人あたり・約761kcal

  • 焼き穴子…………………100g
  • 卵…………………………L玉2個
  • 和風だしの素……………4g
  • 湯…………………………20ml
  • しいたけ…………………2枚
  • たまねぎ…………………¼個
  • 人参………………………30g
  • 油…………………………大さじ½
  • 塩・こしょう……………少々
  • 焼きそば用麺……………2玉
  • ごま油………………………少々
  • 油……………………………大さじ1½
  • カイワレ大根………………少々
  • あん
    • 水……………………………200ml
    • 鶏ガラスープの素…………小さじ1½
    • しょうゆ……………………大さじ1½
    • みりん………………………小さじ2
    • 片栗粉
      (水30mlで溶いておく)…10g

ポイント!穴子の開きでもっとおいしく

point_11recipe

【ぬめりを取り去る】穴子は、皮目にぬめりがあります。調理する前にペーパータオルで皮目のぬめりを十分に拭き取りましょう。身のほうに、白っぽい膜がある場合は、ペーパータオルでつかんで引きはがします。生臭さが気になる場合は、湿らせる程度に酒を少量振って約5分おいてから、ペーパータオルで押さえて水気を取ります。
【保存】開いて素焼きにした状態で冷凍すれば、数日間保存できます。

下準備

  1. (a)焼き穴子は1cm幅に切って耐熱容器に入れ、ラップをかけて電子レンジで30秒温めます。(付属のタレがある場合は、タレをよく絡めてから温めましょう。)
  2. (b)大きめのボウルに卵を溶いて、和風だしの素と湯を混ぜ合わせます。
  3. (c)しいたけとたまねぎは5mmの細切りにします。人参は2mm程の千切りにし、さっと湯通しして水気をきります。

作り方

1_11recipe

① ごま油を熱したフライパンで、焼きそば用麺を炒めながらほぐします。よくほぐれたら1人分ずつ器に盛ります。ほぐれにくい場合には、湯を加えます。

2_11recipe

② フライパンを軽く洗ってから火にかけて油(大さじ½)を熱し、しいたけ、たまねぎ、人参を炒めて、塩こしょうで味を調えます。粗熱が取れたら、(b)の溶き卵に加えます。

3_11recipe

③ フライパンを軽く洗ってから火にかけて1人分ずつ調理します。油(大さじ1½)をよく熱し、②の半量と焼き穴子の半量を入れます。

4_11recipe

④ 卵の周りが焼けて、フライパンをゆすって卵がすべるようになったら、①の麺の上に盛りつけます。もう1人分も同様に。

5_11recipe

⑤ 別の鍋であんを作ります。材料を沸騰させ、味を調えたら、水溶き片栗粉を入れてよく混ぜます。

6_11recipe

⑥ ④にあんをかけ、カイワレ大根を盛りつけます。

【アレンジのヒント】焼き穴子のかわりに、うなぎの蒲焼きや鶏肉を使っても美味しいですよ。

  • チェック

関連記事

キーワードから記事を探す