【美ctionary】キレイの百科事典ビクショナリー

タグ一覧

CLOSE

カテゴリ:美レシピ

あさりの海の幸パエリア

paella

春の気分満点の元気メニュー!

あさりは年中、手に入りますが、春から初夏にかけて、特に身が大きくなり、特有のうま味の素となるコハク酸や、甘みのグリコーゲンなどが増えておいしくなります。選ぶときには、殻つきの場合は必ず生きているもので、大粒のものを選ぶといいでしょう。今回は、桜えびや菜の花も加えて、春らしい彩り満載の一皿に仕上げました。見た目が豪華なので、アウトドアやおもてなしの一品としても重宝します。

今回のおすすめ食材 あさり

asari

あさりは、鉄分やビタミンB12を豊富に含んでいる食材です。いずれの成分も、体内で血液を作る働きをするため、貧血気味の人や低血圧の人、血行を促進したい人に、おすすめの食材です。特に、ビタミンB12は、体内で合成できない栄養素であり、赤血球を作り出す「造血ビタミン」といわれるほど、重要な働きをする成分です。そのほか、マグネシウムや亜鉛などのミネラルも含んでいます。

材料(4人分)1人あたり・約440kcal

※直径26cmのフライパンを使用

  • あさり(殻つき)…………300g
  • 菜の花……………………1束
  • にんにく…………………1かけ
  • たまねぎ…………………150g
  • 米…………………………2 合
  • 乾燥ひじき………………5g
  • 桜えび……………………適量
  • トマト……………………1 個
  • 水…………………………350ml
  • 固形スープの素…………1 個
  • 白ワイン…………………50ml
  • オリーブ油………………大さじ3
  • 塩・こしょう……………適量
  • ターメリック……………適量

ポイント! あさりの砂抜き

_26U1650

あさりが重ならないように並べ、薄めの塩水(水500mlに塩大さじ1程度)へ、あさりが頭を出す程度に浸します。暗いほうが砂をよく出すので、新聞紙を厚めにして蓋をしましょう。冷え過ぎると砂を出さないので、夏場以外は常温の場所で、最低でも1~2時間以上置きます。

下準備

  1. (a)あさりを塩水につけて砂抜きしたあと、もみ洗いします。
  2. (b)乾燥ひじきを水に漬けて戻します。
  3. (c)米を洗い、ざるにあげて水気を切ります。
  4. (d)水を小鍋で温め、固形スープの素を溶かします。
  5. (e)菜の花は3cm程度に切り、トマトは一口大に切ります。
  6. (f)たまねぎとにんにくは、みじん切りします。

作り方

1paella

① フライパンにあさりと白ワインを入れ、蓋をして蒸します。あさりの口が開いたら煮汁ごと取り出し、あさりと煮汁に分けます。

2paella

② フライパンにオリーブ油大さじ1を熱し、菜の花を塩・こしょうでさっと炒めて取り出します。

3paella

③ フライパンに、オリーブ油大さじ2を加えて中火でにんにくを炒め、香りが出てきたら強火にし、たまねぎを加えてしんなりするまで炒めます。

4paella

④ ③に、米とひじきを加えて、さらに、2~3分炒めてから、ターメリックを加えて色付けします。

5paella

⑤ ①のあさりの煮汁と、下準備(d)のスープと塩適量を加え、煮立ってきたら蓋をして、弱火で15分ほど炊きます。

6paella

⑥ 全体を混ぜたら、①のあさりと、②の菜の花、桜えび、トマトを加えて火を止めます。蓋をして15分間、蒸らします。
【アレンジのヒント】菜の花のかわりに、いんげんやピーマンなどをのせてもキレイです。

  • チェック

関連記事

キーワードから記事を探す